生前贈与

_MG_30810019.jpg
贈与をする者が生きている間に、家族や他人に贈与することを「生前贈与」と呼んでいます。生前に贈与を行う理由のひとつは、多額の財産を持つ贈与者が亡くなった場合に、受贈者(贈与を受ける人)が一度に多額の相続税を、納める負担を軽減するためです。

ただし、生前贈与を行う際には、自身の財産状況をしっかりと把握した上でうまく活用しなければ、かえって税金が高くついてしまう恐れがあります。
 
これは、贈与税の税率が相続税よりも高く設定されているためです。

節税効果の高い贈与をするためには、正しい知識が必要です。

【リンク】

 

生前贈与に関する情報はこちら

生前贈与

暦年贈与と連年贈与

相続時精算課税

住宅取得資金の特例

夫婦間の贈与

負担付死因贈与契約


 

相続・遺産分割に関する相談を受け付けています。お気軽にご相談下さい。 046-828-3785

 

相続・遺言・遺産分割のご相談はさくら横須賀法律事務所へ

事務所紹介

弁護士紹介

料金表

解決事例

相談の流れ

アクセスマップ


 
横浜弁護士会所属 さくら横須賀法律事務所

神奈川県横須賀市米が浜通1丁目7番地2
サクマ横須賀ビル3階302